挙式スタイルに合わせた結婚指輪の交換方法とは

3大挙式スタイル、教会式・神前式・人前式の違いって?

結婚式は、男性にとっても女性にとっても人生の一大イベントと言えます。主な結婚式の挙式スタイルは教会式・神前式・人前式の3つです。
教会式はキリスト教式とも呼ばれ、キリスト教の教えに従って教会で神に結婚を誓い、夫婦の証に指輪の交換を行う儀式です。親族のみならず友人や会社の同僚など多くのゲストに出席してもらえます。
神前式は日本古来の伝統的な挙式スタイルで、神殿で行われます。2人の親族同士が結びつくという考えで、三三九度の盃や玉串拝礼などの儀式を通して神に結婚を報告します。参列者は基本的に親族のみです。
人前式は宗教や形式にとらわれず、列席者に結婚の証人になってもらうという挙式スタイルです。会場となる場所や衣装、式の内容も特に決まっていないので、自由にプランニングできます。列席者の前で誓いの宣言をして、結婚証明書や婚姻届にゲスト代表にサインをしてもらうのがメインです。

挙式スタイルに合わせて結婚指輪を交換しよう!

結婚式のなかで欠かせない儀式のひとつに「結婚指輪の交換」があります。結婚指輪の交換は教会式ではよく見られる光景ですが、神前式でも指輪の交換ができるのでしょうか?
和の儀式なのに少し違和感を感じるかもしれませんが、神前式でも指輪の交換はできます。しかし、神前式における指輪の交換は結婚の成立を証明する儀式ではなく、あくまで結婚式の近代化によって取り入れられた演出のひとつです。なので、神前式では結婚指輪の交換をしてもしなくても自由に決めてよいとされています。また、人前式では好きなタイミングで指輪の交換をすることができますし、指輪の交換の代わりになるような演出をすることも可能です。
現在は挙式スタイルも多様化・柔軟化しています。結婚指輪の交換の方法も様々ですので、プランナーさんと2人の希望を擦り合わせて最高の結婚式にしましょう。

© Copyright Ring Wedding Styles. All Rights Reserved.